野良犬にエサをやるバ○が居るから ヤギが襲われそうです

  • 2012.03.07 Wednesday
  • 19:14
 

無責任なエサやりのせいで、近所の墓地には一時20匹以上も野良犬が増えました。
エサを与えていたのは「紫の君」と呼ばれる高齢者の女性です。

増えすぎた野良犬たちは 2~3匹の小集団に分家?して近所に散らばっていきました。

分家先にもまた 無責任なエサやりが居て 犬の数が増えています。


この写真は今日、10時半に撮影したものです。
人を恐れず、昼間から堂々と徘徊しています。








山羊の天敵は野良犬です。



継続的なエサやりは動物の占有者と認められた判例があります。


動物を占有するということは、その命に責任を持つということだけでなく相当の注意をもって管理をしないと法律上の責任を負うことがあります。

 

【民法718条】(動物の占有者等の責任

1.動物の占有者は、その動物が他人に加えた損害を賠償する責任を負う。ただし、動物の種類及び性質に従い相当の注意をもってその管理をしたときには、この限りではない。

2.占有者に代わって動物を管理する者も、前項の責任を負う。

 

動物占有者、及び動物管理者とみなされた者については、上記の要件に基づき不法行為責任を負う事があるというものです。

 

【民法709条】(不法行為による損害賠償

故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う

 

野良ねこや野良犬への継続的なエサやりは動物の占有者等とみなされることがあります。

 

では、数人がエサを与えていた野良ねこや野良犬が他人に損害を加えた時はどうなるでしょうか。

 

【民法719条】(共同不法行為者の責任

1.数人が共同の不法行為によって他人に危害を加えたときは、各自が連携してその損害を賠償する責任を負う。共同行為者のうちいずれの者がその損害を加えたかを知ることが出来ないときも、同様とする。

2.行為者を示唆した者及び幇助した者は、共同行為者として、前項の規定を適用する。

 

複数エサやりが居ても、そのうちの一人に損害賠償を請求できます。


理不尽な理由で支部のMLを私だけに送らなくなった某動物愛護団体の県支部事務局さんへ。

MLが来ないと支部活動に参加できないし、役員会も総会も出席できません。

そろそろ占有者責任を問われるTNRや愛誤思想の地域猫の普及啓発活動ををやめませんか。

 

コメント
ヤギさんは室内で飼えないから心配ですね

ところで 愛誤思想の地域猫 ってどういう意味ですか?

すみません  よくわからいもので
  • えむ
  • 2012/03/07 9:02 PM
そうなんですよ。室内で飼ったら畳が食べられるだけでなく、ところ構わずする糞尿でたいへんなことになります。

愛誤思想の地域猫についてですが、長文になるのでブログにて返答させてください
  • hige
  • 2012/03/08 7:56 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM